北海道ツーリングその1(チケット確保から新潟港まで)

北海道ツーリングいくぞ!……と決意(だけ)したのはまだ十代の頃だったな………。レプリカブームが始まった頃、毎年の様に出る北海道ツーリングガイド本を隅から隅まで眺めながら北の大地への思いを馳せていたっけ。
実際の所はバイクで行く前にマイカーで(自走)行ったり、仕事で連れてかれたりレンタカーでまわったりと、両手両足分くらいの回数は普通に行ったりしてたけどバイクで行く機会が無かった。
そろそろ決心して行かないと行きそびれそうな気がしていたので、バイクを買い替えたということもあって今回初のバイクDe北海道となりました。
周りの経験者達からちょこちょこ情報を仕入れていたので行きのフェリーは新潟〜小樽便に決めた。時期的にはフェリー料金が繁忙期でUPする直前あたりの7月がラベンダーの時期にも重なるしテン場の混雑も控えめて良さそうだということで7/2で予約。
帰りの便はせっかくだから他の航路・船会社にしてみようということから苫小牧〜仙台便に決めていたのでこちらもついでに予約。時期的には夏休み前の上り便だから直前でもチケット自体はとれそうだけど一番安いC寝台は数が少なそうなので確保したい、それとインターネット予約しておくと料金が10%offというのもあってさっさと確保。

でここからは当日。
新潟港まで一般道のみで行く予定なので出発は0時チョイ前に。深夜なのにあまりの暑さ&湿度でちょっと難航することを予想して早めに動いておいて正解だった、ほぼ予定通り。
ウチからのルートはR17まっすぐ新潟に向かうのとR4で一旦福島県に入ってからR49で新潟入りするルートの二通り。グーグル先生によると北回りの方が3〜40分早いらしい。距離もR17経由よりプラス10km程度しか違わないので、深夜という事もあるし走り慣れたR4から向かいます。
宇都宮の先、さくら市を過ぎた辺りで給油したらその先矢板市からK185〜R400へ。やはり夜はスイスイ流れるし日中のようなとんでもない暑さではないから快適。
眠気と戦いつつ会津田島を超えた先でR400からK32で会津桧原駅付近に出てそこからはまたR400で北上しR49に出る頃にはもうすっかり昼間のようになっており朝飯のタイミングも過ぎておりました。(途中柳津町あたりで道を間違えて40分位はロスしたけど)
山の中から比べればR49はよく流れており、感覚的にはすいすいと新潟入り。ちょっと遅いけど朝飯代わりの牛丼を途中でかき込んだら買い出し目的地であるAEON MALL新潟南には9時頃に着きました。ここまで予定通りかな。
船内での夕飯・朝飯と酒をしっかり買い込んだら積み込みついでに荷物の整理も行っておく。バイクから降ろす荷物とそうでない荷物を分けて、乗り込んだ後アタフタしない為です。
AEON MALLからは埠頭まで一時間かからずに到着。受け付けに行くともう搭乗が始まってるからバイクの列に並べと指示される(10時45分頃)。
うー………暑い。IMG_1413.JPG日が出て来てもう夏のようです。関東は(他の地域も?)今年梅雨が全然明けなくて雨が続いてばかりなのを考えると嬉しいんだけど暑い←
船に乗り込んだら指定の場所にバイクを停車、さくさくと船室持ち込み荷物を下ろしヘルメットは備え付けの網棚に置いて車両デッキを後にする。お、なんだか陸自のトラックが。IMG_1414.JPG念のため公用車だがボカシいれとこう。
今回の寝床はツーリストA。IMG_1805.JPG一番安くてツーリストAとほとんど変わらないツーリストCは数が少ないのでとれなかった(残念)。
乗船後は荷物を置いて船内施設をパトロール。事前にいろんなブログを巡回して仕入れた知識としては乗船後混雑する前にお風呂!ってことだったんだけどバイクの前にまずでっかい貨物トラック系が乗船するからか風呂場はトラックドライバーと思われる方々で結構賑わってる……。一般車両はバイクの後だからこれから来るんだろうけどね。
混んでる風呂を後回しにするなら🍺にしちゃいましょう。
なお今回乗る船はあまり公共スペースのイスとかが多くありません。乗船直後からすでに少ないテーブルとイスは確保され酒盛りが始まっており、空いているのはピアノの前のスツール群だけといった感じです。
仕方ないので自室?寝床に腰掛けての1人飲み。IMG_1415.JPGま、これも嫌いじゃないからいいんだけどね、静かだし。
それにしてもやはりフェリーってのは楽で良いですね。ゴロゴロしてれば連れて行ってくれるんだから。
深夜からの運転だったこともあり昼寝を実施、ときどき風呂場を偵察に行き頃合いを見て入浴。そしてこの船、なんと露天風呂が付いていた。
水平線見ながらのお風呂を満喫した後は夕飯とゴロ寝をして過ごします。

目が覚めたのは2時すぎ。小樽着が4時で3時には起床の放送がかかるのでその前に混雑しそうな朝風呂と歯磨きを済ませておく。……が、お風呂が案外混んでいたから誰も居ないシャワーに切り替えた。シャワーブースはお風呂とは通路の反対側で誰もいなかったのでむしろ良かったかも。
朝食をかきこんだら下船。降りたら関東の感覚だと寒いとは聞いていたけど降りるまでの船内はTシャツで居られる気温なので、実際にバイクにまたがって降りるまでの待ち時間に汗が滲んでくる。服装の選択は難しいですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント