出発

ようやくこの日がやって来た。
いつかは行こうと思っていながら中々実現しなかった、しまなみ海道原付・自転車道走破。
今年こそはと台風シーズンになる前になんとか予定を確保して出発に漕ぎ着けました。
ところが有明のフェリーターミナル出発の日は丁度台風が九州四国沖に来てまして家出る時には既に雨が降り始めておりました
前日の段階で決行するかかなり迷いましたが台風通過後はしばらく傘マークは無かったという事もあり、念のため酔い止め薬を買い込んだりして太平洋上で台風とすれ違うフェリーに備えます。


当日は台風接近に伴って午後から雨がパラパラ降り出しました。夕方からは強くなり所によっては雷雨…なんて予報に凹まされながらも荷造り。18時出航なので17時までに受付してくれとの事だったので15時半頃カッパフル装備で雨の中の出発になりました。
途中で船内の飲食物を買い込んでギリギリ17時前にターミナル着。天候や急いでいたこともあったけど、まさかお台場にオーケーストアが出来ているなんて気付かなかった…斜め向かいにあるマルエツで買い物済ませちゃったよ。この時間なのに(台風予報だから?)もうお惣菜コーナーが40%offシールだらけだったから結果オーライだったのかもしれないけど。


画像

係員の誘導に従ってフェリーターミナルの軒下に一旦駐輪して受付。屋根のおかげでビチョ濡れのカッパのまま中に入らずに済んだのは助かった。
画像

中は心配になる位ガラガラ。乗船案内は1730頃らしいのでそれまで身の回りを拭いて船内持ち込みの荷物を整理しておく。
乗船後はまず自分のねぐらに行ってカッパや上着を吊るしておく。
画像

雑魚寝タイプの客室しか乗った事無かったからかなり豪華に感じますね。
画像

ライトの下にコンセントがあるのも有り難い。またベッドの割り振りもガラガラだけに上段は使わず下段を1つおきくらいにしか使われてなかったので静かで快適でした。
荷物を置いたら貴重品と食材のバッグを持って共同スペースのロビー窓際確保。人が居ないから選び放題です。
画像



しばらくして船は動き出しました。雨がガンガン降りつける窓から見下ろすと船尾方向のサイド部分から三本の航跡?が吹き出してます。船首側には1本、さすが就航間もない新造13000トンクラスともなるとこんなこともできるのか、と感心しきり。静かな湾内を『しまんと』は進んで行きます、天気がよかったら船上で夕焼けも見られたのに。
画像


さて、あとはやる事と言えば夕飯食べて酒食らって寝るだけ。何せこの後台風とすれ違うので、最新鋭フェリーといえど揺れる…はず。船酔いする前にこっちから先に酔っぱらって寝てしまう作戦決行
画像

安くなっててラッキーなちらし寿司。手っ取り早く酔うためにウイスキーもいってしまおう
画像




何度か目が覚めたがその度に寝直して寝床から出たのは7時前。朝食と地図を持ってロビーでゆっくりする。このフェリー、食堂は無いが代わりにパンやら冷凍食品やらの自販機が充実していて不自由はしない。しかもありがちな船上価格じゃないのがいいですね。お湯付きカップヌードル\130てそこいらのスーパーと変わらん。
手持ちのコーヒー飲んで一服してたら揺れによって閉鎖になってた浴室がオープンしたのでひとっぷろ。水平線を眺めつつ、波の出る湯船は良いものです。
風呂上がりはロビーで涼みつつ今後の行程を確認したり荷物をまとめたり。下道自走でも神戸や和歌山とかからどのみちフェリーに乗るしかない運命の原2なので費用対効果からしても初めからこれに乗った方が楽でいいね。
天気は回復しつつあり窓からの景色も上々、これから先が楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント