冷却水交換

KLE250の冷却水を交換した。

先日ふとした事から冷却水のリザーバータンクのレベルがLOWを下回っていることに気づいてしまった。
そういえば前回交換したのは8年くらい前に冷却水のタンクを交換したときだったので補充するより交換作業にすることにして、とりあえず希釈せずに使える50%LLCをホームセンターで仕入れておいた。
手頃な時間が作れたらすぐに作業出来る様にね。

で、それからひと月以上経ってようやく本日作業しました。このところ暑くてふんぎりがつかなかったんだよね。


作業はオイル交換と大差ないレベル、ポンプ下のドレンボルトを抜いたらポタリポタリと。それからラジエターキャップ開けたらドバッとでてきた。シリンダー脇のドレンボルトも抜いたがこちらはなかなか出てこないのでウエスで吸い取り作戦。そこそこ結構出てきた。
最後にリザーバータンクをひっくり返して中身を抜いて終了。
画像
たしかブルーの冷却水だったはずだが少し緑っぽいかな。前回みたいな臭いは無くて、まあ普通。

あとはキャップのところからチマチマ入れて、ウォーターラインやラジエターをコツコツ叩いたりしてエア抜き、タンクの方もアッパーレベルまで入れたらエンジンかけて、再度エア抜きしてからキャップ締めて完了。今回はメロンシロップのようなグリーンのLLCを買ったけど、思ったよりも入った。2Lあったのに残り1/4くらいになってた。(マニュアルにはタンク分も含めて1Lって書いてあった)

抜いた際に汚れた下回りを洗うついでにシグナスも軽く洗車。ついでにこれまで一度しか交換していないブレーキパッドを換えようとキャリパーを外す。しかしまだ2mm近く残っていたのには驚いた。今のパッドでもう2万㌔以上走ってるんだけどなあ。交換用に買っておいた同じもの(新品)と見比べても半分くらいしか減ってない。あんまり飛ばさない→ブレーキかけない→減らない  と思う事にしよう。非純正の激安パッドだけに経済性抜群です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント