ドライブベルト交換

ようやく交換作業完了。
いつものメンテナンスと思って写真とか撮ってなかったけど終わってみればやはり記録しておくべきだったと少し後悔

細かい部分は変更されているものの、主なパーツは先代シグナスX(初期型Fi)と同じなのでビスの位置や手順もかわらず余裕?のつもりでしたが……
こいつの駆動系を開けるのは今回が初めてなのでとにかくいろいろボルトが固い
手だけでなく足も動員しつつなんとか全力で緩めての作業だったので筋トレした時見たいな疲労感。年取ったなあ……
外したプーリー見ると外側が7~8㍉くらい使えてない。これじゃ先代シグナスより最高速が15㌔も遅いのも納得です。なんせリミッターがんがんに当たる先代と違って今のはリミッター作動速度に届かないもんね←
コスパ優先で4ストロークに乗り換えてからはスクーター改造なんてしなくなったんだけどコレ見てしまうと流石にプーリーとローラーくらい変えてみようかと思ってしまいます。
そういえば、クラッチキャリアのセンタースプリングが明らかに先代よりも固くなってた。全力で押し込めないとベルトが挟めなかったからね。この辺も最高速より加速側に割り振った味付けってことなのかも。
でも遠くまでスクーターで行く事が多いので幹線道路の巡航速度を重視したい自分にとってはちょっと残念かも。荷物満載での上り坂は既に捨てているので……

交換したベルトは新品と比べると1㍉ほど幅が細くなってた。どの辺が許容範囲なのか知らんけど定期交換が1万とか2万㌔って言われてる部品を28000㌔持たせたんだからヨシとしておきますか。ちなみに部品はアマゾンで買ったヤマハ純正パーツです。
あとはギアボックス冷却用のエアフィルターのホコリ落としだけ作業しました。

ベルト型番:4C6-E7641-00

この記事へのコメント