バイクとお気楽生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉の先っちょキャンプ

<<   作成日時 : 2013/09/02 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

しばらく前から行きたいな〜と計画していた千葉キャンプ。
週間予報ではダメダメでしたが直前になって天気が好転したため当初の予定通り決行となりました。
さすがに前日告知では人が集まらないのは仕方ないですが、もともと千葉方面は行きたがらない人が多いみたいなので想定済みですw(自分は結構好きだったり)

場所的にグルッと東京湾を迂回する事と今回初めてのキャンプ場なので現地で迷う事も含めて状況がわからないので早め出発でさっさと現地で良いサイトを確保してしまおうというつもりでした。
‥‥‥が、やってしまいました、おやくそくの寝坊。セットしたはずの目覚ましが沈黙を‥‥(完全に記憶に無いだけで、鳴りまくるアラームを自分で消した可能性もあるかもしれませんが)

という訳で出発したのは8時半頃。こうなってしまうともう迂回ルートだと都心〜千葉市辺りを抜けるまで渋滞にハマる可能性もあるしなにより距離からして時間がかかる。素直にもう一つの候補だった東京湾フェリールートへ変更です。
港北インター付近で少々混んだりしましたが新横浜から環状2号へはいります。この道、横須賀方面へ行くときにいつも使うのですが高速みたいにインターが有ったりする快走ルート。ジャンジャン流れて磯子からはR16で久里浜を目指します。こちらも思ったよりもすいすい流れたおかげで予想よりも早く久里浜港へついてしまい、一便前の船が出港した所をバイクで見送りする形に
船は一時間ごとなので結構時間が出来てしまいました。仕方ないのでターミナル内で涼みながら時間をつぶします。
画像
出航20分前になると放送がかかり乗船車両用の順番待ち駐車場で改札。
画像
バイクは車より先に乗船してデッキの壁沿いに並べて行きます。
画像
荷物は積んだまま、壁に固定してもらったら客室へ。
外は暑いのでラウンジのソファでうつらうつらしていたら40分弱の船旅はあっというまに終了。
出るときはバイクは後なので船で来た車両がみんな国道へ出る信号待ちで一番後の方に並ぶことになります。
画像
あとはひたすら国道を南下。とりあえず買い出しは後回しにしてまずはキャンプ場へ。
国道をそれて州崎方面の看板に従って走ると州崎灯台の案内。灯台観光の駐車場を過ぎてそのままいくと目指すキャンプ場の門があります。ここに管理小屋が有るので受付。バイクは1500円を支払いおにーさんに説明と案内のコピー用紙をもらってから中へ入ります。
目的の場所は実験君が確保してくれてました↓
画像
‥‥がまさに海に突き出た崖の上なので絶景と引き換えに強烈な風。先着している実験君とアタッカー氏は既にまったりモードに入っていたのでまずは日陰の確保から。
風のおかげで多少は暑さもマシですが、真夏の日差しにはタープということで、街灯の柱などを利用しつつ低めにタープ設置の図↓
画像
崖の上よりはマシだけどタープ設置は独りでは到底無理な風。なんとか手伝ってもらいこの形に。多少マシとはいってもテーブル上のコップだって中身が少なくなるといつ風にさらわれるかわからないほどなんですからw
当然ですが焚き火は断念しました。とりあえず自分は買い出しがまだだったのでイオンとODOYAで食料とと冷却用氷を調達へと向かいます。

戻ってから待望のをぐびぐびやってようやく落ち着いた。
今回目的の夕焼けまではまだ少し間があるのでまずは設営。試しに崖の上に張ろうとしてみましたが‥‥‥フライをかける前に断念。あきらめて皆と同じ場所に。
その頃に最後の参加者ぽぽんた氏到着。装備の端々に百戦錬磨を伺わせる彼女が取り出したテントはなんとキャンプマン。1泊専用らしいのですが‥‥久々に見ました。その後、氏はキャンプマンと呼ばれる事になる。

さて、待望の夕日ですが‥‥‥
画像
いい感じになってきました。風は強いけど眺めは素晴らしい。
画像
ただ一つ惜しかったのは水平線付近に厚い雲の層があってそこで夕日が打ち止めになってしまった事ですね。アレが無ければもう30分以上は夕日が楽しめたのですが。

当初の目的が達成された後はいつもの通り。風のおかげで頭上には全く雲がなく、天の川までばっちり楽しめました。他の利用者も馬鹿騒ぎする人が居る訳でもなく風以外はすべて快適でした。トイレというか流し場の電球のおかげで夜景写真はこんなんでしたけどね。
画像


翌朝は6時過ぎ起床。夜は昼よりも風が強かった事もあって何度も目がさめたのでまだ眠いですが天気はこの日も良好。
画像
毎度のごとくのんびり朝食と撤収作業をすすめてキャンプ場を出たのは11時半近く。いやあ、なかなか良いロケーションのキャンプ場です。今度は風の弱い日にでもきてみたいもんですね。
画像


そしてここからは琵琶ソフトを食べるため全員で道の駅富浦へ移動。
画像
↑後を走るアタッカー氏。いつもソロ移動なのでちょっと新鮮です。
道の駅ではさすがに好天の日曜日と有ってかソフトクリーム待ちもありましたがなんとかありつく事が出来ました。写真わすれたけどこれ結構旨いです。あっという間に食べちゃった。
その後は「ばんや」に行って風呂と食事という三人と別れ一目散に金谷港へ。
数代先の軽自動車が遅くて次々と前に車が入ってくるのでイライラしたりしましたがなんとかバイクが乗船開始した所に到着し無事乗船。危なかった〜。乗り損ねると一時間のロスですからね。
この日も船は家族連れで大にぎわい。とても寝られそうにないのでデッキで外を眺める事にした。
画像
えさに群がるかもめを見たりしているうちに船は久里浜港へ着岸。
ここからは行きと同じルートでまっすぐ帰宅。環状2号は相変わらずの流れですいすい進み港からは2時間少々で着いてしまいました。途中船に乗ったりしたおかげで尻も痛くならず疲れも最小限で済んだようです。神奈川県民としては東京湾フェリー、なかなか使える。次回もこの作戦で行こう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ!! 夕陽写真も星空写真も素晴しいではないで
すか!!

思えばあの星空はあの強風の賜物なんでしょうな。。

っとすると風のあるなしに左右されるかな。案外
じゃじゃ馬なキャンプ場かも!? でもまた行きま
しょう♪
あたか
2013/09/03 00:03
>>あたか氏
あそこは立地的に風がキモになるのは間違いないでしょうね。今度は台風の絡まない秋晴れを目指したい所ですなあ。今回は風避けにエネルギーの大半を持っていかれたので余裕が有りませんでしたが、行き交う船と海をのんびり眺めるのもよさそうです。あのベンチも使えそうだし。
かぎま
2013/09/03 01:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉の先っちょキャンプ バイクとお気楽生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる