バイクとお気楽生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 平湯で紅葉と温泉を満喫

<<   作成日時 : 2010/10/31 17:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ぽつり、ぽつりと落ちて来たどんぐりを観察していたら観光のボンネットバスが登場し大量の爺婆が吐き出されて来たので慌てて退散。

やはりせせらぎ街道は西ウレ峠付近〜大倉滝までがハイライトですね。広葉樹のかもしだすアノ樹液の甘酸っぱい匂いがたまりません。懐かしい気持ちにさせるんですよね。なんというか、冷蔵庫から出しっぱなしにしたヤクルトのような香りだからかな。
全力で紅葉を満喫し、何カ所かで写真を撮ったりしたがやはり前回と同じ所で停車してました。↓
画像
今回の方が色付き具合が遅いようですね。とはいえ、十分楽しめるレベルです。

せせらぎ街道の次は当初の予定ではR471楢峠制覇だったんですが、酷道だけにかなりの時間を要する事が予想された為今回は泣く泣くパスすることにして下小鳥湖を県道で回ってみる事にした。
R158小鳥峠は登りがキツくてペース上がらず。道自体は走りやすいのでパワーがあるマシンなら快適に飛ばせると思いますが。
そしてK475〜K75へ。湖畔のトイレに寄ったら通りがかった外人のランナーに挨拶されたのだが‥‥すげー山の中なんだけど一体何処から来てどこに行くんだ?走るにしてはアップダウンがかなりキツいだろうしトレーニングにしても周回出来るようなレベルの距離じゃないぞ‥‥。
???状態で外人がやって来た方向に県道を進む。
画像
いかにも林道をただ舗装しただけのすれ違い不可、ガードレール無し落ちたらサヨナラ状態の道(大好物です)を登り切ると祠のある暗い峠に出た。こんなとこを走ってくるって‥‥あらためてアノ外人の事が気になるのであった。

峠を過ぎて少し進むと急に道は広くなりがんがん飛ばせるようになる。そのままさっさと国道に出たらルートに迷った(神岡経由or高山経由)ものの高山で買い出ししてから行く事にしてR41を南下。高山市内でスーパー探しに手こずったが給油もまとめて済ませたので後はHRYに向かうのみ。自然とペースが上がります。
平湯峠のトンネルを出たら気温も低いが紅葉具合は見事な状態。やっぱり来て良かった‥‥。wktkしながら受付し、今年の年賀状と引き換えに平湯の森の入湯券2枚ゲット。やっぱり紅葉には温泉は付き物だよね。
うずうずしつつも、まずは設営をしなくては。場内をまずは1週してみたが平日の割に客が多い。車が10数組にバイクが4組ほどまばらに設営中。どうするか‥‥‥早くしないと真っ暗になるぞ。とりあえず去年の場所は埋まっていたしイワタ氏おすすめの場所はバイクの人が。う〜ん、迷った挙げ句、入って右奥トイレよりも更に先のやや暗くてなかなか人が来ないような場所に決定。途中のキツい坂道で登らなくなってバイクを押したのは内緒だ(アノこう配+砂利では125スクでは無理です)。
画像
なんとか暗くなる前に設営完了。この写真も三脚が無かったらキビシいくらい実は暗くなっていたのです。ホワイトバランス:&明るめ補正でやっとこんな感じ(注:曇りや日影マークで撮ると真っ赤になる、それくらい落ち葉や紅葉の影響があったようだ)。

設営後はお待ちかねのに浸かり、サイトに戻ったらコレですよ。ここで重要なアイテムを忘れた事に気付く。パッキングしたと思っていた焚火台miniが‥‥入ってなかったNOoooォォ〜
この為に木炭&オガ炭をもってきていたのがただのお荷物に。くそう、本当に寒くなったら直火スペースが各サイトにあるのでそこで焚火にしてしまうが、テント前室で暖をとるという使い方は不可能になった訳だ。なんたる失態。しかたないのでお茶を沸かして魔法瓶に詰めて夜に備えるが、結局それほど冷え込む事も無くこの晩は7℃であった。
翌朝6時前に起床、気温3℃。まあまあか。携帯をチェックすると既に車の人と緑の人が松本付近に進出中らしい。車で参加の方は8時に受付開始するまで場内入り口ゲートを通れないのでどこかで時間つぶしをすると予想。緑のバイクの人は‥‥時間からして7時前には来襲すると予想を立て、それまでに朝飯をすまそうと炊事場に米を研ぎに行く。
が、甘かったw。米を研いでいたら目の前のトイレからでてきたのは堀川@Ninja糊氏‥‥まぎれもなく緑のバイクの人であった(なんというお早いお着きで)。


二人で相談の後、「明るい」「周りが紅葉」「平ら」「人数がまとまれる」「水場との距離」等の条件により設営場所を決定。朝飯を焚き始める前に自分は引っ越しとなった。とくに今回集まる場所にと目星をつけたサイトは車で来たソロのおじさんがゆるゆると撤収していたので、空いたと同時になだれ込む作戦にしてその周辺に設営・キープ。8時を過ぎた頃から徐々にワンボックス系の車が入って来てそこそこの賑わいを見せてきた為、時間が遅かったら茂みの多い場所か傾斜した場所になってたかもしれんね。このあたりはさすがに平湯マスターの意見は的確です。
画像
無事設営が終わった頃に乙尺400海苔氏&瑠璃子氏が車で登場。遠くから名前を呼ばれてもまさかあんな車で来るとは思わず、なかなか気付かなかったんですよ。
お二人はほぼ寝ずに来たらしく設営後に一旦お昼寝に。Ninja糊氏は買い出しに出かけ、当方はと言うと、RPK(通称:連泊)の強みを活かして昼間から酒を呑み頭上の楓や楢の木をノンビリ眺める事に。このあとも入ると思うと極上マターリと言うより無いですねv( ̄ー ̄)v。
午後になると大ちゃん氏、ボイソ氏、dgr氏も到着しサイトの真ん中にある木の下で輪になって平湯の夜を満喫。車組がから戻って来た後に思兼氏も到着したのでボイソ氏と二人で平湯の森に。
この日もしっかりと茹で上がって出て来た所、受付前で肴氏と遭遇。もう外は真っ暗だしまさかこの時間(といっても19時頃)に来てくれるとは。かくして総勢9名?のキャンプとなったのでした。そしてこの夜も気温は約6℃と過ごしやすく、ずるずると人の焚火台の前で呑み続けて結局寝たのは2時頃。

翌日曜の朝は曇り。予報だと天気は下り坂らしいのであまり遅くならない程度に撤収をすることに。
画像
と、言いつつものんびりしまくり。連泊されるNinja糊氏は当然としてもみんな帰りの雨なんて気にもしてない模様。ゆっくりと朝飯を囲む。

結局出発は11時過ぎ。せっかくなので平湯の森の足湯に寄り道してほかほかになってから安房峠を目指します。
画像
天気は完全に曇っていて写真的には美しく無いね。それでも数カ所で停まりつつ、昨年登らなかった峠の茶屋の上にある見晴し台?へ。
画像
やはり青空が出ていないと紅葉は映えないなあ。また次回に期待ですね。
峠から沢渡側は思ったよりも紅葉が進んでいます。平湯はピークまで1週間くらい早かったと思ったが沢渡側の峠はもう見頃です。
画像
トンネルが無料化になっているのにそこそこ車とすれ違うのは紅葉狩りなんだろうね。何度も停まってはを眺めてから帰路につく。

帰りは諏訪湖あたりでパラパラと降られたものの、その後は一旦止んで本降りになったのは上野原を過ぎた藤野の裏道を通行中のこと。R20は普段の週末渋滞よりも混んでいて自分も車の時しか使わない藤野付近や相模I.C.付近の裏道を駆使して相模湖駅前から続く渋滞を回避。その後は大垂水峠も順調で高尾付近も問題なく通過、以外は不満無く帰宅出来ました。結果として本降りの雨の中2時間は走ったワリにカッパの浸水は無かったものの荷物を下ろした玄関は水浸し。でも平湯キャンプ自体は十分に満足出来るものになりました。去年が落葉しきって丸坊主状態だっただけに‥‥。
まとめ
林間のキャンプ場はやはり広葉樹がいいね(特にこの季節)。松の木ばかりだと松ヤニ爆弾が怖いし、また来年も行けたら良いな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、これは。
今週あたりが平湯ではいい塩梅なんでしょうな。
数日後に紅葉を見に行ける気配なんですが、もしまだ赤くなってなかったら高山の向こうまで足を伸ばす価値もアリかもですね。
イワタ
2010/10/31 19:40
>>イワタ氏
>今週あたり
先日の木枯らしで葉を落としてなければいい塩梅ではないかと。せせらぎ街道もそろそろか。伊那方面はまだまだってかんじでしたね。しかしアノ♨効きますなあ。10分も浸かっていようものなら出た後ふらふらになります。実はキャンプ場に到着後すぐに暖まろうと足湯に浸かったんですけどそれだけでも威力有りました。
かぎま
2010/11/01 11:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
平湯で紅葉と温泉を満喫 バイクとお気楽生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる