バイクとお気楽生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 三連休

<<   作成日時 : 2010/01/12 11:52   >>

トラックバック 0 / コメント 14

暇を持て余しております。

どっかに出かけようかと目論んでいた所、オーイシ氏が連休に野田山に行くと嗅ぎ付けたのでこれに参戦する事にしました。
土曜の朝は8時頃出発。
連休初日だけに混雑を予想していたR246はまったくのガラガラな状況でしてすんなりと厚木を通過。
せっかくの快晴なので見晴らしがいいと聞いていた丹沢湖手前の大野山に寄り道。

山北の先、短いトンネルをくぐったすぐ先のG.Sがある信号を右折してR246旧道ではない方に登って行く。
途中何カ所か凍結路面が有ったので慎重に進んで行くと細い道はぐんぐん高度を上げて行きます。荷物満載のシグナスではきつい‥‥。
20km/hほどの速度でヒイヒイ登って行くと牧場のゲート発見。夜間は閉まるようですが入場を規制されている訳ではないのでそのまま進みます。
この辺りになると周辺が開けてきておりなかなかの景色。この先の眺めが期待出来そうです。

駐車場にバイクを止めてそこから登山道の階段といったルートを徒歩で登ります。山ヤならごく当たり前なんでしょうが階段1段の段差が大きめで歩幅の合わせづらいのでかなり疲れます。
o(~○~;)o ハァハァいいつつ10分程度登ると絶景が現れました。
画像
富士山クッキリ、その左に愛鷹山系、手前に裾野〜御殿場市街が見えます。
反対側を見るとかすかに海も見えてますね。↓右端
画像
周りが開けていて眺めがいいのでパノラマステッチも作ったんですが横長で見づらかったのでそれは止めました。天気のいい日に実際に見に行く事をお勧めします。

景色と適度な運動を堪能したのであとは野田山に向かうだけです。
大野山の寄り道で1時間程消化したので新蒲原のマックスバリュには昼過ぎに到着。水汲みと買い物を済ましてから出てくるとシグナスの後ろには見覚えのある白/桃カラーのセローが。なかなかいいタイミングのようです。
この先サイトまでの上り坂を考えて、そのまま先に向かいます。

現地についてみるとデイキャンの家族が1組のみ。
すぐさまファイヤーサークル近辺に陣取ってドカシー上でまずは昼飯。日差しがぽかぽか暖かく風もほとんど無いので快適です。
食後の運動に裏山で薪探しをしているとオーイシ氏も到着されたので雑談。焚火をしていたデイキャンの人に焼き芋をいただきました。皮は焦げていたけど中は透明になるほどのほくほく具合で甘かった。

さて、野田山の現状ですが昨年九月辺りから裏山に地デジの中継アンテナを建設するらしく見事なスロープが造られてしまってます。場内ではトラックや重機が入っておりそれぞれの騒音をたてながら作業中。
またスロープ建設に伴って木も伐採されており場内の隅には切られた材木が無造作に積まれております。今回はこの木材を焚火に活用する事にしました。
テント設営と薪作りで時間を費やしているうちに気温はぐんぐん低下。あっという間にヒトケタ前半ですが薪作りでまだ寒さはなんとか‥‥。
画像

薪作りが終わった頃には工事の人たちも撤収し、サイトには二人だけになりました。
動くのを止めたら即座に寒くなったので焚火と飲酒で暖まる事に。暗くなって本格的に焚火にあたり出した頃、ボイソ氏が到着。野田山は初めてとのことでしたがナビのおかげで迷わずに来られたとか。それよりも地元系スーパー探しで時間を喰ったらしい。
結局この晩は三人で焚火を囲む事になりました。
画像
わりと夜更かし平気な三人は1時過ぎまで呑んでいたと思います。

翌朝は8時頃起き出してゆっくりと朝食。昼前頃、月曜は仕事というボイソ氏が撤収するとイトウ氏が現れました。なんでも前夜は黒川にてジョニー氏とキャンプされていたとか。ジョニー氏は風邪+空手で今回は不参加らしい。
イトウ氏はオーイシ氏同様にノコギリ+斧をお持ちだったので薪作りが快調に進みます。キレの悪いノコギリしか持たない自分は一割程度の仕事しか出来ませんでしたが。

薪作りも一段落した頃にアタッカー氏が到着したので連泊組は買い出し+風呂に。
買い出しのみで戻った自分は造成された裏山のスロープを登ってみたが、上の方もなかなか眺めは良かった。
今回はやる気がちっとも無くてこの日の写真は一枚も撮ってないのでお見せ出来ないのですが。

この夜の焚火は薪が大量に出来上がっていたので存分にファイヤーしてもらいました。イトウ氏とオーイシ氏の野田山シャワー計画第一歩として足湯に話が及ぶと‥‥‥何故か必要資材が揃ってるw
かくして大量の薪による大火力で一斗缶の水を涌かす計画発動
この光景は写真撮っとくんだったなあ。
こうしてその晩は焚火にあたりながら足湯で暖がとれるという贅沢を満喫し、-2℃の気温にもかかわらずぽかぽかになりながらシュラフに潜ったのでした。

翌月曜の朝は7時半頃起床。曇り空であまり気温があがってきません。
朝食時、チャイの悲劇が有りましたがその他はいつもの通りのんびりと撤収作業を行い、本日はこのままデイキャンをしてから帰るという車で7分あれば帰宅出来るイトウ氏を残して野田山を11時前に退出。ちなみにアタッカー氏は当局の要請により?7時台に撤収済み。暗黒〜

1号バイパスに入ると80`少々で巡航。オーイシ氏のセローはあっというまに見えなくなりました。
そのすぐ後に公僕の速度取り締まりに遭遇するもお呼びはかからず。数台の車がパクられていたなあ。

今日は時間もあるので帰りのルートはそのままR1で箱根越えを選択。ほんと、久々の箱根です。
三島から上りこう配が始まると気温が下がってきて寒いのなんのって。ハクキンカイロに助けられました。天気も雪がパラツキそうな具合だし‥‥。
画像

観光客でごった返す芦ノ湖から先、小田原までの下りは(やはり)すごい渋滞でした。すり抜けしなかったらどんだけ時間がかかった事やら‥‥‥。対向車もひっきりなしでバスとかなかなか抜けないし、このルートは失敗でした。
そのまま1号を通ってK63経由で小田原厚木道路の側道を通り厚木へ。沼津のR246との分岐から厚木の合流付近まで箱根経由で2時間半の所用でした。間違いなく御殿場経由の方が早かったでしょうなあ。
結局帰宅したのは午後3時。いや〜帰り道は寒かったが焚火は最高でした。薪が大量に有るといいですね。またやりましょう。
参加の皆さんお疲れさまでした。





ところで
先月行った千葉の森のまきばに一緒に行ってくれる人、いませんかねえ。
冬期半額は今シーズン限りとの噂を聞きつけたので2月までの半額期間で天気の良さげな頃合いにもう一度行っておきたいのですが‥‥。もちろん寒いし草原の方に設営したいのでそんな奇特な勇者は居ないかもしれませんが、どのみち独りでも行くつもりなので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
行 き た か っ た 。

俺は秘密警察に身柄を拘束されていました・・。
しかしビッグストーン氏の足湯・・アホ過ぎるww
乙尺400海苔
2010/01/12 15:15
>>乙尺400海苔氏
足湯、極楽でした
>身柄拘束
いつもおつとめご苦労さまです。
その鬱憤はどこかではらさねばなりませんな。


そういえば関東スレに書き込みが有ったdgr氏、来なかったなあ。
かぎま
2010/01/12 17:17
お誘い頂き私も行きたかったのですが...
ガレージにてイーハのバイクタンクを凹ますというポカを犯してしまって
急遽タンク修理とレブルの塗装作業が始まってしまいましたw

足湯か〜なんか面白そうですね。今度見てみたいです。
dgr
2010/01/12 20:30
サイトのロケーション最高だし、人いないし贅沢すぎすよっ。
うらやましすぎる。

はやく今年最初のキャンプデビューしたいもんです。
とーます
2010/01/12 21:26
お疲れでした〜。
足湯を決行できるとは思っても見ませんでしたw
次回の野田山のキーワードは足湯〜〜♪
オーイシ
2010/01/12 22:56
乙でした。
日暮れ後に着いたので富士山を見ながら酒飲めませんでした。夜景は最高でしたけど。今度は早めに着いて景色を楽しみながらウダウダしたいですねぇ。みんなマメに料理してるので感心します。少人数も濃い話が出来て楽しいですね。
ボイソ
2010/01/12 23:11
>>dgr氏
ガレージ関係にかかりっきりかな?とは予想してました。
野田山は風呂屋が少々遠いもんで足湯で暖まれたのはラッキーでした。

>>とーます氏
野田山はもう一回位ありそうなのでそのときにでもどうですか?ETCがあれば富士川S.AのスマートI.Cで出られるらしいので。

>>オーイシ氏
今回もお疲れさまでした!
また出来るといいですね〜>足湯
いつもアレくらい大量の薪確保出来たら寒い思いしなくて済みますな。
かぎま
2010/01/12 23:25
>>ボイソ氏
お疲れさまでした。
いやぁ、あの時間に参加されるとは思いも寄りませんでした。富士夕景は惜しかったですね。これは次回にでも。
なんでも、富士川S.AからETCで出られるらしいと後ほど聞きましたので次はそこから行けば楽ですね。
あ、ユンボの先の上の方も登ってみましたけどなかなかでしたよ。今度は夜景も上から眺めましょう。
かぎま
2010/01/12 23:34
これは楽しそう!
いっその事、子供用ビニールプールで湯船でも・・・
腕相撲
2010/01/13 01:46
あの辺は積雪はどうなんでしょうねぇ、また足湯を催されるようでしたらご一緒させて頂きたいのですが、寒いうちの方がひとしおですよねぇ...
暖かくなったら仕事で週末なんて休めない(といいなぁ)ハズですし。
イワタ
2010/01/13 08:43
>>腕相撲氏
>ビニールプール
一度に何人も足湯出来ていいかも。
ほんとは全身浸かれればいいのですが流石にそれだけの量となるときびしいかも‥‥。ただお湯を貯めてシャワー計画は有るらしいですよ。ちなみに今回一斗缶2杯分涌かしたんですが火力が強かったせいか予想よりは早くできました。

>>イワタ氏
太平洋に面しているので積雪はおそらく無いと思います。サイトへ登っていく道の凍結くらいは時間帯に寄っては有るかもしれませんがサイトを含めて南東向きなので多分何とかなると。
次回はまた道具が揃うかどうかですなあ。コレに関しては何とも‥‥。
かぎま
2010/01/13 09:55
あぁーキャンプ行きたい病に駆られています
今の仕事が一段落すれば…!
寝袋はどれ位のを使用しましたか??
真冬装備は整っていないもので。
まさくん
2010/01/16 22:28
>>まさくん氏
寝袋・マットは11月の平湯の時と同じダウン500gのイスカ・ポカラ+イスカ・コンフィマット180です。あとはゴアのカバーを使ったくらいですべて平湯のときと同じ。あの時の就寝時と快適度は変わらなかったので平湯装備があれば問題ないと思いますよ。これで寒いときはシュラフの上にライジャケとかカッパを掛けたりしますけど今の所はそこまでしなくて済んでます。あ、ハクキンカイロを足下に突っ込んでいるのとテントシューズ(使わなかったが)は用意しました。

>寝袋
ノーマルタイヤのバイクで行ける範囲の真冬装備ならばダウン5〜600gのシュラフならば大体は何とかなると思ってます。モンベルなら#1or#2で。あとはマットやカバー、ハクキンカイロでイケルかと。寒がりの場合はもっと上のグレードがヌクヌクでしょうけど積載量もありますし‥‥。

寒いうちにまた何処かに行きましょう!自分は寝る時よりもむしろ呑んでる間の防寒(特に靴の中)を思案中。
かぎま
2010/01/17 12:49
おぉ!
詳細な説明ありがとうございます。
平湯の時全く問題無かったので、いざ寒かったら上着を着て寝るなり、シュラフの上に掛けるなりで対応出来そうですね。
正月泊まりに来た友人に、布団が無かったのでモンベル#5とハクキンカイロを渡したら安眠出来たと言ってましたしw(屋内です)
そうですね、寒いうちに是非!
まさくん
2010/01/19 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
三連休 バイクとお気楽生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる