バイクとお気楽生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北は無料キャンプ場が多くていいね その1

<<   作成日時 : 2008/10/18 11:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月初日の本日も起床時間は早い。5時には目が覚めたのでテントの外に出てみると暖かく感じる。気温は10℃。風がある訳でもないが今日はテントが夜露で濡れていない。これなら撤収作業が楽だな〜と思い、のんびりコーヒーをわかしてシュラフを丸める。
テントを畳む頃、ジョギングのおじさん登場。ナンシーされついでに少々話し込む。その後、再び階段で荷物を担ぎ上げる。ひととおりバイクの近くまで運んでから出発前なのにもう休憩(´・ω・`;A)。ついでに上から見たキャンプサイト。
画像
見えてる屋根はトイレと炊事場です。この高低差分の階段が‥‥。
休憩ついでなので本日の予定をマップルを見ながら決める。ココまで来たのならば青森の先っぽにも行っておきたい‥‥‥が大間・尻屋はちと遠いので近い方の津軽半島にしよう、ということに。
そしてなんとか7時まえに出発。R101を北上再開。
コチラ側は西なので朝日が当たらずに寒々しいが気温はそれほどでもない。
画像
それにしても五能線は旅情あふれる良いローカル線ですね。冬場のストーブ列車にも乗ってみたいもんだ‥‥などとおもいつつあっという間に鯵ヶ沢に。
ここから広域農道で北上。
画像
まっすぐな道で走り易いがときどきダンプが通るので砂埃がすごかった。途中で工事による通行止めを喰らいK12へ。いかにもな田舎道を快調に進みR339 へ入る。海沿いに出ると先の方に権現崎が見えて来たが‥‥‥どうやらゲリラ豪雨の真っ最中らしい。よく見えるだけに、引き返そうか躊躇する‥‥‥。一旦止まってマップル休憩。どうやら他に迂回は出来ないようだしせっかく来たんだから行くしか無いかなあ、などと思いながら雨の様子を見ると岬の先端の方はすでに晴れて日が当たっているじゃないですか。これなら後少しで雨雲は通過するだろうと判断、行く事に決定した。だがこのままだとすぐに追いつきそうなので権現崎に寄って行く事にした。
ところが国道から外れて少々進むとバリケードで通行止めになってるヽ(`Д´)ノウワァァン。
あとは徒歩で進むより無いようなので断念。国道に戻り竜飛を目指す。
しかしそこから北側の天気はどんより曇りで路面は濡れている。しかも進むに連れてパラパラと‥‥‥。是非もナシ。ここでカッパ装備をして竜飛方面に広がる雨雲へ突入です。
海沿いを離れて登りになると、これが結構キツい勾配で例によってのろのろと高度を上げる。雨はバラバラと降って来ており暗くて景色も悪い。タイミングが悪いなあなどと思いつつ、灯台前の駐車場に到着。
案内看板を見ていると雨は小振りになってやや明るくなって来た。しめた!とばかりにカメラをつかんで灯台方面に歩き出す。直後、後からやって来た観光バス二台から大量の爺婆観光客が吐き出されて来た!!。こりゃあ写真どころか大混雑だとあわてて撮るものを撮って引き返す。
画像
駐車場の横には階段国道が。
画像
非常に気になるのだが降りたらまた登って来なくてはならない。が、今日はもう階段は腹一杯(笑)なのでパス。迂回して下側の入り口にバイクで行く。画像なんともスゴいっすね。民家の玄関前をそのまま横切るようで‥‥。

雨は止んだのですが、ここからは当初海沿いを青森まで南下しようと考えていたんですが、向かう先にはまだアノ雨雲が活動中のようで道路は立った今水を撒いたような濡れ具合。そこで今別からK14で南下する事にした。
実はもうガスの残量が1Lを切っていて内心かなりドキドキしてました。広域農道に分岐する所にあったスタンドを思わずスルーしてしまってから全くスタンドがないまま来てしまっていたのでかなり走行してしまっていたのです。幸い竜飛の先の道の駅?の近くにコスモが有ってほっと一息。燃費がいいとはいえ、タンクは小さいので入れられる時には入れておかないといけませんな。
画像
青函トンネル入り口公園の前です。公園は‥‥タダの小さなスペースにトイレと遊具があるだけで、その上にトンネル入り口があるのみ。おかげで写真撮ってなかった‥‥。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北は無料キャンプ場が多くていいね その1 バイクとお気楽生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる